エアコンの取り外しをするならプロに依頼しよう

男の人

シンプルですっきり

エアコン

三相200V契約が必要

オフィスや店舗などで使用されている業務用エアコンを、一般家庭で使用することも増えています。最近の住宅事情では、リビングを広く設計する家庭も多く、20畳から30畳を超える部屋になっていることも少なくありません。店舗や事務所など、人の出入りが多く、部屋にいる人数が多い場合はやはり馬力の強い業務用エアコンがおすすめです。一般家庭でも、一日中家の中で過ごすことの多い家庭や、吹き抜け空間があるなどといった場合には、業務用エアコンの方が効きが良くなる可能性があります。ただ、業務用エアコンの取り付けには準備が必要な場合かあります。それは三相200Vの配線が来ているかという事です。一般的な家庭の電気は電灯契約とも呼ばれ、基本料金が安く使用料金が高めに設定されています。一方、オフィスや工場などの電気契約は動力と呼ばれるもので、基本料金は高く設定されているものの、使用料はかなりお値打ちになっています。これは仕事は年間を通じて一日中電気を使用するために、お得な料金プランとなっているためです。もし業務用エアコンの取り付けを初めから考えているのであれば、建築時に三相の配線をお願いしておくといいでしょう。三相電源がない場合は、業者に依頼して配線工事をしてもらい、新たな電気契約が必要になります。馬力の強い業務用エアコンは、価格が高いというイメージですが、実は一概にそうとは言えません。家庭用エアコンのようにいろいろな機能を持たせているわけではなく、故障しにくいシンプルな機能であることが多いために、販売価格が低くなっているメリットもあるのです。天井埋め込み式の業務用エアコンは、見た目もスッキリし、部屋の隅々まで空調がいきわたるため、ランニングコストも抑えられることもあります。エアコン選びで迷っている人は、一度業務用エアコンも候補に入れてみるといいでしょう。